ごあいさつ
概要
激変する企業環境での顧客満足を追及し 新時代に適合するコンサルティングを実行する。

変革の波は、すべての企業、事務所、そして個人の上にも影響を与え始めています。
企業においては高度IT化による情報量の増大に加え、スピード・正確性がさらに求められています。同時に従来の業種を越えての新規市場参入等、今までの事業領域を越えて新たなビジネス開発に取り組み始めている状況です。その背景には、お客様が最もニーズを満たす企業・商品を自ら主導権を持って選ぶ時代の到来があります。もはや顧客満足を獲得する新たなビジネス開発のできない企業は、生き残れない日が目前に迫っているのです。

このような時代に、私たちが目指すお客様への「提案」は、単なる「提案」でなく、「実行を伴う提案」であるべきだと考えています。言い換えるとお客様とともに実現のためのハードルを乗り越え、課題の解決から成功へと導くための努力を惜しまないことです。「当たり前のことじゃないか?」と思われるかもしれませんが、ビジネスのあらゆる局面に課題が山積している今、この当たり前のことを素直に努力を惜しまず提供しなければならないと考えています。

そして私たちが辿り着いた理論が「7つのM理論」です。経営者も従業員も成長の過程として次の段階を踏んでいくことができれば理想です。
1つ目が「マナー」(心構え・礼節)、2つ目が「モラル」(道徳・企業倫理)、3つ目が「マン」(人間性・人財)、4つ目が「マーケティング」(売れる戦略)、5つ目が「マネー」(資金・キャッシュフロー)、6つ目が 「メジャー」(地位、名声の向上・ブランドの確立)、7つ目が「マネジメント」(経理と営業・経営管理)。
私たちが最終的に目指す所は総合「マネジメント」です。

未来に適合する人事戦略や労務リスク管理をリードして実行していく。 それが私たち、社会保険労務士法人 人事労務総研に与えられた使命と認識し、今後とも研鑽を重ねて参りたいと存じます。長期停滞の続く、日本ビジネス界の活性化を少しでも推進していけるなら、社会保険労務士としてこれ以上の喜びはありません。
河村嘉一郎
↑ページのトップへ戻る

Copyright (C) since 2008 http://www.sr-soken.jp/